ナビゲーションをスキップする。

日本音楽療法学会関東支部会則

第1章 名称と事務局
第1条 本支部は、日本音楽療法学会関東支部と称する。
第2条 本支部の事務局は、関東1都7県内に置く。
第2章 目的と事業
第3条 本支部は、日本音楽療法学会の目的に沿って活動を行う。
第3章 会員
第4条 本支部の会員は、東京、神奈川、千葉、茨城、埼玉、群馬、栃木、山梨の各都県に在住もしくは在籍する日本音楽療法学会の正会員、学生会員、賛助会員の3種とする。
第4章 役員
第5条 本支部に次の役員を置く。
1. 支部長1名、副支部長1名、幹事若干名、監事2名及び事務局長1名。
2. 顧問、名誉会員若干名を置くことができる。
3. 顧問、名誉会員は、幹事との兼任はできない。
第6条 役員は日本音楽療法学会の倫理網領に基づき、本支部の目的と事業の達成を目指す。
1. 支部長は、本支部を代表し、会務を総括する。
2. 副支部長は、支部長を補佐し、支部長が出席できないときに会務を代行する。
3. 幹事は、本支部の事業運営に当る。幹事会に出席すること、各種委員会に携わり音楽療法の啓発・発展に向け積極的に貢献することを義務とする。やむをえない事情が生じた場合は、辞任を申し出ることが出来る。
4. 監事は本支部の会計を監査する。
5. 事務局長は、支部長の指示により、本支部の日常業務を遂行する。
6. 顧問、名誉会員は、本支部の運営について助言することができる。
第7条 役員は本支部の選挙規定により本支部正会員の中から選出され、総会の承認を得て決定する。
1. 幹事の任期は3年とし、留任を妨げない。
2. 支部長、副支部長、事務局長は、幹事の互選によって選出される。
3. 監事は、本支部正会員の中から幹事会の推薦により総会の承認を経て支部長が委嘱する。
4. 顧問、名誉会員は、幹事会の推薦により総会の承認を経て支部長が委嘱する。
5. 事務局長を補佐する事務局員を置くことができる。事務局員は幹事会の推薦により支部長が委嘱する。
6. 本支部選挙規定は別に定める。
第5章 会議
第8条 本支部の目的を達成するため総会、三役会、幹事会、各種委員会を組織し、会議を開催する。
1. 総会は、支部長の招集により、年1回以上開催する。総会では事業及び決算報告を承認し、事業計画及び予算を決定する。
2. 三役会は、支部長、副支部長、事務局長で構成し、適宜開催し本支部の日常運営に当る。
3. 幹事会は、支部長の招集により開催する。また過半数の幹事の要請があったとき、支部長は幹事会を開催しなければならない。幹事会は、幹事現在数の委任状を含む過半数の出席で成立し、出席者の過半数でもって決し、可否同数のときは議長の決するところによる。幹事会は、本支部の事業運営の中心をなし、事業運営に必要な議決を行う。幹事は被選挙権と議決権を持ち、顧問、名誉会員は被選挙権、議決権を持たない。
4. 顧問、名誉会員は支部長の召集により必要に応じて幹事会に臨席し、本支部の運営に関して助言することができる。
5. 監事は、本支部の会計を監査し、幹事会に出席することができる。
6. 本支部の目的及び事業を達成するために必要な委員会を置くことができる。各種委員会の委員長・委員は会員の中から幹事会の議を経て支部長が委嘱・解任する。
第6章 会計
第9条 本支部の経費は、日本音楽療法学会からの交付金、会員の支部会費および他の収入を持って賄う。
1. 支部年会費は1,000円とする。ただし賛助会員、顧問、名誉会員は支部年会費を納入する必要はない。
第7章 付則
第10条 本支部の役員を次の通りとする

(2008年4月1日〜)
支部長:村林信行
副支部長:郡司正樹
事務局長:加藤美知子
事務局補佐:小柳玲子・根岸由香

(2014年4月1日〜)
支部長:藤本禮子
副支部長:郡司正樹
事務局長:猪之良高明
事務局補佐:小柳玲子・根岸由香

(2017年4月1日〜)
支部長:藤本禮子
副支部長:高橋多喜子
事務局長:猪之良高明
事務局補佐:小柳玲子・根岸由香

第11条 本会則の変更は、幹事会の議決を経て総会出席者の過半数の承認を経なければならない。
第12条 本会則は2009年12月6日より施行する。

2016年1月31日改
2018年3月31日改

(C) Copyright 2003 by Japanese Federation of Music Therapy. All rights reserved.